SPECIAL

店舗を「標準化」することで、
業務効率を改善?

INTRODUCTION

ベルク最大の特長は、チェーンストア経営の大原則である「標準化」を貫いてきた類まれなる企業であることです。ここでは、なぜ標準化が重要であるのか、なぜ、標準化を導入すると業務効率が改善され、高い生産性が実現できるのかを分かりやすく説明します。

標準化とは
何か?

「標準化」とは、店舗設備、売り場レイアウト、作業手順など、ハードからソフトまで、統一した方法を採用し、シンプルで効率的なオペレーションを実現する経営手法です。ベルクでは、この標準化を基準に、自社物流やグループ会社全体を最適化し、店舗が販売に専念できる環境づくりを構築しています。

お客さまにとっての
「標準化」

どこのベルクで買い物をしても感じる「安心感」。これは標準化により、店内レイアウト、品ぞろえ、接客基準が統一されているからです。

どの店舗に行っても、売り場のレイアウトは同じ。
だから、いつも安心して買い物ができる。

どの店舗も統一された鮮度基準、
レイアウトなので

安心して
お買い物をしていただけます。

また来たいと思っていただくことが
でき、ベルクファンが増加!

従業員にとっての
「標準化」

「標準化」により、仕事の効率や従業員のモチベーションが高まれば、収益力や更なるサービスの向上にもつながります。その成果は、給与と休日の充実という形で従業員に還元されます。

売り場や手順が統一されているから、
異動後でもすぐに力が発揮できる。

どの店舗も統一された鮮度基準、
レイアウトなので

異動してもストレスなく、
仕事をすることができます。

すぐに自分の力を発揮できるのが
ベルクの標準化の魅力!

店舗・本社・物流・製造が一体となって、
店舗オペレーションの効率化・負担軽減。

どの店舗においても標準化を徹底し、
効率的に働ける環境を構築。

労働時間の短縮が仕事への集中力を生み、
生産性が向上。利益の増大。

高い給与体系と多くの休日日数の実現。
オン・オフの両方が充実した豊かな人生に。

従業員1人あたりの売上高は、同業他社の「1.3倍」。
生産性の高さが、「ベルクの強さ」。

※ベルクは、2020年2月期(第61期)
※SM平均は、SM30社の2018年度決算数値の単純平均値

提案制度で、「標準化」を
さらにアップデート

ベルクでは、従業員が業務改善につながるアイデアを提案できる「提案制度」を設けています。優秀な提案には表彰を行い、全従業員でベルクの「標準化」をより進化させています。また、自らの提案が会社の業務効率化につながることで、従業員のやる気を引き出す原動力にもなっています。

アイデアをひらめく

日々の業務の中で、効率的な作業方法や商品開発のアイデアなどを思いつく。

スマホでカンタン応募

思いついたアイデアをスマートフォンやPCから応募。気になるポイントがあれば、簡単に改善案を提案できる。

ベルクの新ルールに

提案内容が良いものであれば、全店に水平展開。自分の提案がベルクの「標準化」の新ルールになる可能性も。

生産性向上!

1つの改善効果は100倍以上。1つの改善が全社の改善につながるのが、ベルクの強さ。

「標準化」された店舗を
計画的に出店

埼玉県北部にある物流センターを拠点に、関東首都圏全体に展開しています。高速道路網の整備に伴って着実に出店を進め、2017年には100店舗を達成しました。

巡航速度を保ち、質の良い成長を描く。

2020年2月現在

標準化されたSSMを展開し続ける。

売場面積600坪の競争優位性、
高い生産性を実現する標準化の原則、
豊富な品揃え、広い駐車場、快適な買物環境

埼玉県北の2つの物流拠点から、
配送時間2〜3時間のエリアに展開

人材育成スピードに合わせた適性な出店計画

標準化および、競争力維持のための
既存店活性化を継続的に推進