RECRUITING INFO.

全店舗に適切な数量を
送り込む責任を胸に

M.K

データコントロール室 コントローラー(精肉)
2018年入社

PROFILE

新卒

高校時代、飲食のアルバイトを経験し、接客の仕事の魅力を知る。専門学生時代は、事務職のアルバイトを経験するも、やはり自分が活躍できる仕事は接客だと改めて実感。接客の仕事を目指して就職活動をスタートさせたとき、思い浮かんだのが身近な存在だったベルク。内定後、実際に店舗の仕事を見学した際、標準化について説明があり、従業員の働きやすさを想像できたことが最終的な入社の決め手に。

INTERVIEW
01

お客様に喜ばれる商品を
つくって提供するやりがい

焼肉店でのアルバイト経験を通して精肉の知識があったことから、入社前の事前アンケートで精肉部を希望。入社後、希望通り店舗の精肉部に配属され、3年目までに複数の店舗を経験しました。その中でやりがいを感じたのは、「お客さまに求められるもの」を一生懸命考えながら加工した商品に対して、お客さまから「きれいに並んでいて使いやすい」と言っていただけた時です。また、働く環境面で心掛けていたのは、一緒に働くパートタイマーさんたちの作業効率の向上を図ることです。最初は大きな声で挨拶することから始め、少しずつ、「どこまで終わりましたか?」「大丈夫ですか?」と声をかけて信頼関係を築くことで、うまく連携しながら効率的に作業が進む環境を整えていきました。

INTERVIEW
02

使命は、過不足ない数量の
商品を送り込むこと

入社4年目に本社のデータコントロール室に異動。現在は精肉部のコントローラーとして、広告に掲載される加工肉や卵といった精肉部で扱う商品の全店分の数量を決定して各店へ納品したり、在庫をコントロールする仕事に従事しています。最大の使命は、過不足なく最適な数の商品を送り込むことです。前回と同じ内容の広告が入った時の売上数量や、ポイント還元デーの有無、店舗の周辺の競合状況やイベントなど様々な情報やデータを確認・分析した上で、数量予測を立案して数量を決定しています。また、販売終了時には発注した数量が正しかったのか、品切れはしていないか等を数値で確認したり、実際にヒアリングを行いながら状況を分析して次に役立てています。異動当初は、様々な数字を使って数量を決定することに戸惑いました。しかし、わからないことは先輩に教えてもらいながら理解を深め、今ではだいぶ慣れてきました。その自分の成長ぶりが喜びにもなっています。

INTERVIEW
03

お客様と直接接する、
店舗側の仕事を忘れない

コントローラーとして大切にしているのは、店舗の仕事を忘れないことです。バイヤーにも、「送り込む側が楽になっても、店舗側が大変になったら意味がないから」と常に言われています。例えば、値引きがあまりにも多い店舗については数を調整し、値引きに伴う作業をなるべく軽減するように配慮します。店舗に在庫の負担をかけないためにも、売れ残りが発生しないように適切な数量を発注することが重要だと肝に銘じています。簡単なことではありませんが、発注した商品が自分の想定していた数量と同じくらい売れたときはうれしいですね。最近はかなり数量決めの精度が高まってきました。とはいえ、まだまだ課題もあります。予測と結果がずれた際は、バイヤーと連携してその要因について話し合い、さらに精度を高める努力を重ねています。

INTERVIEW
04

難しい仕事に挑む中で、
自分の成長に期待

年末年始は通常の時期とは違い、期間限定の商品を売場に展開したりお取引先様の休業があるなどイレギュラーなことが多く、数量決定はドキドキします。最適な数量で商品の発注ができるのか不安がよぎりますが、これを乗り越えることでもう一段階成長できるのではないかという期待もあります。
今改めて思うのは、ベルクは若手が活躍できる会社だということです。頑張っているところをしっかりと見てくれますし、上司も皆話しやすく若手の話に耳を傾けてくれます。まだ覚えきれてない業務があるので、まずは知識を増やし、ベルクにもっと貢献できるようになりたいです。

DAILY SCHEDULE

9:00
出社
10:00
店舗への送り込み数量決め作業
13:00
お昼休憩
14:00
店舗への送り込み数量修正作業
15:00
数量管理、その他業務
17:00
バイヤーと打ち合わせ
18:00
帰宅

PREV

INTER
VIEW

人と人、店舗と本社を
結ぶ懸け橋として

デリカ部 スーパーバイザー
2013年入社

K.T

NEXT

INTER
VIEW

全社の数値管理を担い、
会社の成長を支える

業務サポート部経営企画課・
データコントロール室
データサイエンティスト
2013年入社

S.K

INDEX