RECRUITING INFO.

DX推進の先頭に立ち、
デジタルでベルクの未来を切り拓く

T.S

デジタル推進室 係長
2018年入社

PROFILE

中途入社

前職では、B to Bでお取引先様のシステムの保守・運用にSEとして携わる。システムがお客さまに与える影響や反応をよりダイレクトに感じたいと思うようになり、B to C領域へ興味を抱く。転職活動をする中でベルクと出会い、店舗やスタッフの雰囲気に魅力を感じたこと、スーパーマーケットなら消費者の反応もダイレクトであることが決め手で入社を決意。社内SEとして経営企画部情報システム課に配属となり、ベルクでのキャリアをスタートさせる。

INTERVIEW
01

経営に直結するテーマの
DXに取り組む

成長が続く事業環境のなか、ベルクでは「標準化」のさらなる進化を実現するために思い切ったDXを推進。私が入社後に配属となった経営企画部情報システム課も、会社のDX化を推進する“ハブ”の役割を担当する「デジタル推進室」に組織として拡大。私自身、会社の成長と歩調を合わせてIT化の先頭に立ち、経営課題や業績につながる様々なプロジェクトに携わっています。例えば、社員のワークスタイルを土台で支える給与や勤怠といった人事系基幹システム。ベルクが最も大切にしている「人材」に直結するテーマです。全く新しい技術を取り入れることにより、より生産性の高い業務を行えるようにサポートしています。前職では、自分が関われる領域は受託したシステムの一部分でした。ベルクでは人事の根幹を支えるシステムや新規技術導入の主担当を担うなど、自分が期待していた以上の仕事を任せてもらえていると感じます。

INTERVIEW
02

複雑なパズルを解く毎日が
楽しくて仕方がない

現在は、チェッカー部のシフトを作成する新システムの開発にチャレンジしています。シフトは、各店舗の担当者が考えて計算しながら組んでいるため、その労力は膨大です。新システムを開発・導入できればシフト作成が容易になり、事務作業の効率は飛躍的に高まります。このシステムは最新の最適化技術を導入し、現在プロトタイプの稼働までこぎつけています。今後は店舗のチェッカー部門に投入して効果検証を重ね、その成功例を応用して全社への展開を図る予定です。高度なシフト作成システムの完成は、他の小売業と一線を画す「働きやすい職場」に繋がります。今はその目標に向かって悪戦苦闘する毎日ですが、それ自体が楽しくて仕方ありません。

INTERVIEW
03

人材やデジタル化に
投資を惜しまないのがベルク

ベルクはチャレンジすること自体が評価される社風。積極的に手を挙げれば、大きなプロジェクトに携われるチャンスがあるのも魅力です。例えば、入社して間もなかった頃、米国流通業界の最新動向を探る視察セミナーに手を挙げました。そのセミナー参加がきっかけとなり、携帯一つで買い物の決済ができるスマホレジアプリ「スマベルク」の開発プロジェクトが始動。開発するにあたり、お客様にとっての利便性を徹底的に追求しました。実際に導入された店舗では、特に若い世代やデジタルに敏感な世代から「レジに並ばずに買い物を済ませることができる」と、大きな反響がありました。こうしたきっかけをつかみ、成果を上げてSEとして成長できるのも、人材やデジタル化に投資を惜しまないベルクならではの良さだと実感しています。

INTERVIEW
04

IT化やDXの
ストーリーを伝えたい

流通業は常に変化に挑み続けていく業態です。DXもそのためにありますが、今後はそれを使う人の「意識改革」が必要だと感じています。IT化やDXは、新しい「道具」を導入しているに過ぎません。“どのような考えに基づき、何を実現するためにあるのか”、そのストーリーを会社全体に伝えることで、使う人が納得して活用してもらえるように意識を変えていきたいですね。とはいえ、IT化には“食わず嫌い”があることも事実。そこで「朝活」と称したミーティングを各部門で横断的にメンバーを集めて、デジタルや最新のITサービスを用いた変革や業務活用をグループでディスカッションしながら、デジタルとの距離を縮める活動をしています。社員全員がベルクのデジタル推進のストーリーを楽しみ、積極的に使いこなす先進性を会社にもたらしたい。それが今の私のテーマです。

DAILY SCHEDULE

09:00
メールチェック
10:00
次期開発案件の要件定義、概要設計
12:00
社内向け説明資料作成
13:00
お昼休憩
14:00
テストデータ作成・検証
16:00
お取引先様との打ち合わせ
17:00
課題整理・進捗確認・社内開発チーム打ち合わせ
18:00
翌日以降のスケジュールを確認して帰宅

PREV

INTER
VIEW

スムーズで快適な
レジを目指して

チェッカー部 係長
2014年入社

A.K

NEXT

INTER
VIEW

効果的な販促物で、
店舗の売上に貢献したい

営業企画部 サブチーフ兼クリエイター
2019年入社

A.N

INDEX